ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・アマービレ

ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・アマービレ

ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・アマービレ

価格: 1,134円

販売元: 京橋ワイン


爆発的人気!!なんと通算9000本以上が完売!!。待ちに待った再入荷!!早くも1560本が完売!!さらに120本追加いたしました。早期完売確実です。何とぞ、お早めにお求めください。2008.7.8微発泡赤750mlランブルスコ100%やや甘口『まるでクリームのようなキメの細かい泡に、見たこともないような濃厚紫のインクのような色・・。口に含むと薔薇の花びらや南国の花ビラのような贅沢で甘い花の香りが、そんな細かい泡と一緒に口の中を感動的に愛撫していく・・・』味わいだけで判断すれば、間違いなく3?4倍の価値!!。それもそのはず名前に付く[グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ]は、ランブルスコの中でもわずか3つの産地だけが指定されるDOC格付けの特別区画で、中でもこの[グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ]は最もコクのある贅沢タイプと言われ、実に1794年からランブルスコを造り続けるガヴィオリのまさに超特別区画からできる【スペシャル版】の逸品なんです!!。まさに採算度外視の超ド級ランブルスコというわけです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ランブルスコはイタリアのエミーリア・ロマーニャ州の伝統的な弱発泡性赤ワイン。ランブルスコというのはブドウ品種名で、このブドウで造った、アルコールがやや低めで弱発泡性の、やや甘口の赤ワインです。エミーリア・ロマーニャ州のランブルスコには別格とされる3つの原産地呼称DOCがありますが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロはその中でも最もコクのある贅沢タイプといわれる高級ランブルスコが生まれる産地。今回ご紹介のこのワインはあのスーパーカー[フェラーリ]の地元モデナ近郊で収穫されたランブルスコ・グラスパロッサ種のブドウを主体(85%以上)にして造られます。ランブルスコ・グラスパロッサ種の特徴は、鮮やかな赤い色で、紅葉するときには、葉だけでなく、ツルから幹までが赤くなり、ワインも実に鮮やかな赤紫色が特徴です。ランブルスコ・グラスパロッサ種のぶどうは、モデナ近郊の丘の痩せた土地によく適応するブドウ品種で、熟すのが遅いのですが、晩秋になって完熟するのを待ってから収穫されます。これによって、鮮やかで深みのある色と、華やかな香り、そして甘さとコクが得られるというわけです。ランブルスコの3つのDOCの中では、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロが最もコクのあるランブルスコの中では贅沢タイプになります。ランブルスコというと、甘くて低アルコールで炭酸の入った、カクテルのような飲み物と言う印象があるのですが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロは非常にコクがあるので、料理と合わせて楽しむことも多い、まさに本格的ランブルスコです。

タグ:ワイン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。